幻獣契約クリプトラクト_ティラノサウルス戦はやっぱり火力が…;;

ティラノサウルスを1体にするところまでは頑張りました。
cryptract-2019-12-28円環でVSティラノサウルス.jpg
円環も使える自動蘇生を発動するCTに制限があると、かなりきついです。

必ず積んでしまうタイミングが出てくるっていうのは6ターンも掛かれば分かりきってるんですが…。
スクショは詰んだ瞬間です。
自動蘇生の回復量が低いので、この状況でロレーユが動けない時点でダメなんですよ。

ガルトルードが使えればCTが8有る代わりに極光の盾で連撃のダメージを喰らう率が下げられる分ロレーユよりも楽かもって思います。
自動蘇生を切らさないのは前提ですが、スピードを限界まで振るとかですね。

ガルトルードの攻撃力がへっぽこなのはどうにもなりませんが、闘争本能無しで属性相性が悪いフローゼ様よりなら現実的でしょう。

正直スタンで動けなくなるよりも、馬鹿力で打ち消しばかり撃ってくる+追撃の方がよっぽど嫌味だと思ってるんですが。
追撃でないのならスクショの段階では詰んでないんですけど。

極バロゲイドも、全員先制を揃えておかないと勝てない戦闘で、???が出来るまでは本当に運ゲーだと思います。

極バロゲイドの初勝利が、いかに運ゲーだったかっていうのは思うんですが安定しなくても良いのなら、打ち消しと連撃を組み合わせて頑張るのも有りでしたけど、ティラノサウルスは他の神話を撃破する方法全部が運になってる気がします。

バロゲイドから0.4難度が上がるとここまで嫌味になるの…っていうよりも、紫電で無限ループするって事態が発生したそっちのせいじゃないかって思いたくもなります。

円環編成でもアタッカーの攻撃力を出せないと、かなりきついっていうのが今日は良く分かりました。

撃破動画の火アテナのファランクス、解放水エルヴィーさん、解放光スフィアっていうのを見ていると本当にげんなり来ます。
全部、ベースのユニット持ってないですからね( ゚д゚ )!!

ワルドティリオが反則な性能をしているのがこの戦闘に行けばよく分かります。
ここで自動蘇生が使えたらっていうので外さないのは、現状は彼一人ですから。

彼一人だけで円環ならだいぶ戦況が変わると思うのですが、ガチャほどの気まぐれなんて無いですからね。

今日の神話お試しは虹に光ったんですが、レレーヌでした。
確かに、欲しいキャラの一人なんですがここで出ては欲しくなかったやつですね。
もちろん破棄してます。

明日が誕生日ですが、今年はハズレで終わりそうな予感がします。

過去2年の誕生日の獲得ユニットは、2年前が樹シェムハザ、去年が樹ハウラという、樹属性の絞り枠ユニットだったので。
さすがに3年続けては…と思っています。

これでアダムかイスラフィール、ヘルやワルドティリオが来るようだったら、ガッチガチですが…。

この記事へのコメント

  • みだき

    ティラノはあちこちでの話を聞いても本当に難しそうですね。自分では一度だけチャレンジして顔を見るなりやられちゃって口がポカーンとなったので放置決定しました。
    まぁきっといつかは手持ちのユニットが強くなってクリアできると信じて待ちます(逃げてるw

    明日がお誕生日ですか?おめでとうございます。良い一日になりますように^^
    『二度あることは三度ある』ですから樹属性の強ユニット当たるかもですよぉ♪
    私も大晦日までにツキの総決算になる最高の引きをしてみたいと思ってます^^;
    2019年12月28日 23:22
  • キリリ

    みだきさんこんばんは。
    2019年も残りわずかですね。

    誕生日に出てきてくれたのは、ヴェッタ先生+2名でした!
    獲得の理由はログに書いていますが、ティラノサウルス相手だとギミック対策で味方代償が必要なので本命とは異なりますが…。
    グーグルからのアカウント情報読み込んでる?!って毎年思います。
    「二度あることは三度ある」だったようです。

    超召喚祭の方は月曜日にオーブ40個で引いてみますが、神話ガチャで結果が良いとこっちがダメそうですね…。

    ティラノサウルス戦は、初見に初手でやられた人が殆どだと思うんですが防げる手段が限られるのでちゃんと形を作ってWAVE3を勝つところからなんですよね。
    極光の盾+闘争本能のキャラが居るとスキルを切らしにくくなりますが、自動蘇生が本当に必須だと思います。

    WAVE4で、二編成ボス並のHPの敵と戦うっていう地獄ですね。
    タスクキルで、表の状態からやり直しなのがきつすぎです。
    2019年12月29日 21:46
普段動画の再生に利用しています。 軽快に動作してくれるため大容量動画の再生にも重宝してます。
GomPlayerと同じGOM&Companyの動画キャプチャーソフトです。 リアルタイム編集、最新ゲームの録画に対応しています。 統合的な編集も行え、デスクワークにもピッタリです。
このブログのゲームの様子はこのソフトでスクリーンショット・録画しています。 ノートパソコンでも音ズレせず、しっかり録画してくれます。