ダメプリの今はここが楽、ここが大変

DAME×PRINCEの新仕様の話も結構前なので今更感はあるのですが、楽になった部分と大変な部分っていうのを分けると 「楽になった部分」 ・ラブダメチャンスのポイントの入りを調整しやすくなった ・チャンスのカケラを得やすくなった ・クリアしたキャラのルート分岐時のラブ度が上がった状態になる ・ダメエンドが見やすくなった 「大変な部分」 ・ストーリーロック時の鍵の愛情を集められる「愛情限定お客さん」が増えた ・進行に必要なチャリンの消費が格段に増えた というところです。 ラブダメチャンスのポイントは以前は、特定のルート以外にどんなに頑張っても3ポイントずつが上限でボーナスが無かったのでこれは凄く楽になりました。 特にダメチャンスは減少幅の調整が利くようになったので回数が凄く減らせます。 逆にわざと上げた数値を減らすことも可能なので融通が利くと思います。 ラブチャンスの方はダメチャンスと違って運が絡むので、むしろボーナスの方が邪魔ですね…。 ボーナスのときほどろくでもないアイテムが並びます。 いずれ、数字の上限も上がりましたが、上げ幅も凄く上がったのでここはかなり楽になっています。 カケラの出現頻度も上がったのでチャンスの待ち時間も短いですし。 このラブダメチャンスのゲームは単体で遊べるようになったらもっと楽しいと思います。 変に凝ったものよりもこういうものの方が暇つぶしにもなりますし、本筋に疲れた時にも楽しめそうですからね。 …

続きを読む

初DAMEエンド

DAME×PRINCEのエンディングはノーマルエンド、ベストエンドのラブエンド、そしてタイトルを地で行くDAMEエンドがあります。 1本のルートでそれなりに時間を喰うので、出来る限りでラブエンドを目指してきましたが、別にDAMEエンドを目指さなかったわけではないです…。 いかにミッションを達成しないで進めるかを頑張ったつもりだったのですが、条件を満たせず。 このエンディングの場合はいかにDAME度を下げないで進めるかでしたからロック解除に必要な最低限にしてきたつもりだったんですけども…。 それ自体がダメだったらしいです。 現状はアップデートされてゲームの進行の方法も条件も変わっているので、その御蔭でDAMEエンドが見られた次第です。 一番条件がキツイのはDAMEエンドでしょう…。 まずはキャラの出現が一番遅いメアでクリアしましたが、ホームページの図説のようなぶっ飛んだ感じではなかったです。 これはキャラによるところだとしても、この先ナレクとヴィーノのDAMEエンドをクリアしないといけないのは結構大変です。 本当はミリドニアから行く方がチャリンの消耗とリオットのルート解放を考慮しても楽だったと思いますがキャラの登場までの時間ですね…。 他にも進行条件は宰相も変わっていますが、宰相は既にクリアしているため普通にギャラリーを見たり、ストーリーを進めることができるようになっています。 そこは一安心でした。 あまりどうこう書くとネタバーレになるので…

続きを読む

DAME×PRINCE ナレクの誕生日イベント

久々にダメプリのログです。 シナリオが追加された頃には見事にやる気が無かったり、慌ただしくなっていたり。 …本当にイベントひっきりなし過ぎです。 ちょっとの間にいくつイベントをスルーしたっけ?の度合いで。 最近はこのゲームがTVアニメ化の話題が上っていましたが、どういうものなんでしょう…。 このデザインを動くものにするのも大変そうですが、テーマソングがどうなるのか凄く気になります。 ゲームのOPデモで流れているのが、普通に歌っている声優さんSUGEE…っていう感じだったので同じノリのが来るんでしょうか。 この手のキャラソング系は確かに凄いんですが、これは…っていうやつですからね。 それ以前に都会と田舎の放送枠は全然違うので放映するのかどうかも疑問ですが。 久しぶりに動かしたはいいのですが、イベントの状況が殆ど最後の方なので今回は収穫は無さそうです。 収穫はともかく、こんな場面をスクショにしてみました。 ミリドニアの皆さん。 今回のイベントならではのスクショです。 ちなみに、専用のセリフが用意されていますが、全員が都合よくセリフを出してくれるわけではないので今回は一人だけ。 本筋と違った楽しみを見つけるのもゲームの楽しみ方だと思います。 普通にこのキャラバンが楽しいのが長持ちと人気の高さの一端を担っていると思うのですが…。 本筋とは別に配置されたものを見せるのが遊び心ですよねぇ。

続きを読む

DAME PRINCE  クロムエンド見ました

このところパソコンでゲームっていう調子でなかったので画像の作成などがメインでした。 DAME PRINCEもイベントイベントでちょっと…だったのですが、24日から3月半ばまでの期間でラブエンドを見ると限定デコのプレゼントが有ったので、進めておいた宰相のルートのクリアを待ったりしていました。 無事にラブエンドを見てありがたく限定ぐり丸ぐるみを貰ってレイアウトしています。 宰相クロムのルートはダメとは違う角度から進んだような気がします。 ヴィーノのシナリオで姫に随分イライラしたんですが、今回は似たようなやり取りが出てきてもそれは無かったです。 大筋は真面目で、ダメエンドが来ても本当にダメエンドなのかはちょっと疑問な展開だったように思います。 現実の世界にも色々な民族と文化がありますが「こんなのありえない!」って言えないのが怖いんですよねぇ…。 リュゼのシナリオもアミニズムやシャーマニズムを感じさせるものだったと思います。 セレンファーレンがそういう文化の国だっていう位置づけなのも分かりやすいですが。 クロムのルートはよりそれが色濃く、ゲームをプレイしていて誰もが途中(メアのルートをプレイすれば…かな?)で疑問に思うのでは? という部分について触れられていて進め応えがあったと思います。 クロムの仕様が他のキャラと違う部分も目立ちましたが、コツを掴んでしまえば他のキャラよりも楽かもしれません。 シナリオ進行上での課金とジェムの消費はありませんでしたし、デジタルグ…

続きを読む

思いがけない展開

DAME PRINCE、クロムルートを進めています。 通常シナリオと仕様が違う部分があるので、時間がかかるのは明白! なので期間に限りがあるイベントを優先させたほうが良さそうです。 シナリオは逃げていきませんからね。 しかし、クロムの攻略仕様はともかく単にセレンファーレンの内情かと思えば意外な方向に巡ってきた感じがします。 クロムのルートだからむやみに彼だけの話とも限らないのがポイントですね~。 ゲームを進めている上で普通に疑問には思ってきましたから、ようやく来たか! という部分です。 それでも追加シナリオがまだある以上は容易じゃなさそうですが。 改めてクロムは宰相の位の人物ですから、皇子たちと違って大人。 ユーザーの対象年齢も一気に上がった感じがします。 対象年齢いくつのゲームなんでしょう(^^;) 良い子には分からない邪悪(?)なネタが随所に仕込まれています。 話的にも面倒な部分が出てくるので、普通に年齢は高めだと思います。 そしてDAMEのデイムが、クロムの場合は日本語ではない方の意味を持っていそうです。 ちゃんと横文字で意味成り立ってるっぽいっですからね、DAMEって…。 この世界にラスボスの言葉があるのが驚きですが、メアが夢中のプリンセス・キュアランのような萌えキャラとサブカルチャーがあるならおかしくないのかもしれません。 ラスボスって言ったらそういう感じを漂わせまくってますし。

続きを読む

普段動画の再生に利用しています。 軽快に動作してくれるため大容量動画の再生にも重宝してます。
GomPlayerと同じGOM&Companyの動画キャプチャーソフトです。 リアルタイム編集、最新ゲームの録画に対応しています。 統合的な編集も行え、デスクワークにもピッタリです。
このブログのゲームの様子はこのソフトでスクリーンショット・録画しています。 ノートパソコンでも音ズレせず、しっかり録画してくれます。