アリスと恋の魔法_オリヴァールートエンド直前

実は、アリスと恋の魔法のログっていうのは1年と何ヶ月付けてなかったです。 お目当てのキャラのストーリー配信が無いまま新キャラが増え、課金者でなければ無意味なイベント多数で。 本筋だけを読むのなら、2ヶ月3ヶ月かければ無課金でもアバターを揃えて読み切ることもできるんですが。 どちらかといえば本筋よりイベントで敬遠していたこと、アプリによるスマホストレージの圧迫も物凄いのでアンインストールしてました。 が、ついに本命2位(1位はセスなのですが…)、帽子屋のオリヴァーのシナリオが配信になりまして!! アンド、機種変更でストレージにも余裕が出来ましたので。 帽子屋…、タイトルでは子供ですが、オープニングの段階で読み進めていればどうなるのかは分かりますよね。 その仕組が気になってしょうがなかったので。 赤の軍医、カイルの配信以降は殆ど何もしていなかったため、オリヴァーの配信を機会に溜まっていたストーリーチケットを使って一気に読み進めた次第です。 おかげさまで明日エンディングを迎えることができます。 チケットも5枚一組で売ればいいものを1枚で石100とか高いのなんの!! ですが、無課金やクローゼットオンリーの超微課金で進めるのなら、ストーリーチケットを使って急ぐ意味は無いんです。 親密度っていうミッション用の数値とゲーム内の通貨がかなりの額面が必要なためです。 それが十分に集まるまではストーリーを進めるのは単純に無理なんです。 今回は…

続きを読む

アリスと恋の魔法エンド見た…ダメプリは今でも楽…

アリスと恋の魔法のエンディングを見たところで、主人公はアンタ一体いくつよ? と聞きたくなる部分が多く、そのくせに変に大人向け仕様で随分と不釣り合いに思いました。 親元を離れて働き始め…で19世紀なら16、7の子供でもおかしくないでしょう。 それ以下でもおかしくない時代です。 正直そういう年頃の子供の反応なので、一応別のシリーズよりも若年層に向けては作ってあるんだと思います。 でも内部課金必須の搾取ゲー!! そしてこの手のゲームの主人公って主なプレイヤーになる同性(これは女性)からは好かれないタイプが多いように思います。 外見は可愛いんですが、現実はそこだけで通らないよね…と。 いっそセリフがなくて、返事は選択肢オンリーの性格はプレイヤー次第ぐらいのほうがいいでしょうに。 DAME×PRINCEの主人公のアニ姫の方が同じような反応をしても分かるんですけど…。 アニ姫は好かれる方ですが、この配信元のヒロインは微妙ですね。 ダメプリの方が本筋も厚く出来ている上に、今でも気合を入れれば十分に無課金でクリアできます。 テナントはゲーム内通貨を貯めるのみです。 私はテナントは全部貯めて買ったので…。 1つ言わせてもらえば、シナリオはもちろんイベントに必要なテナントは旧仕様のときは自分でウン万チャリンで購入していたのですから、今始める人がイベント関係でどうこう言うのはちょっと待ってと言いたいんですよ。 魔法の発生も当時は1回1万チャリンでしたから。 …

続きを読む

アリスと恋の魔法エンディング直前

ようやく、エンディングの手前まで来ました。 物理的に時間が掛かるっていう意味では、ボーナスのチケットなどが使えたので1ヶ月丸々は使わなかったんですが普通に進めるとやっぱり長いですね。 進行でアップしていくゲージが随分差が付いてしまったのでダメだったかなーと思っていましたが、エンディングは2パターンの両方が開放されました。 片方しか見られないのでそれでホッとするのは早いんですが。 キャラがどういう態度が好きなのかが分かればゲージを同一にするのはそんなに難しくなかったのかも…と思います。 1日のプレイ時間も長くならないのは負担にはならないですが、1ヶ月でクリアしたければ課金必須(必要分のゲーム内通貨の確保は新規のプレイヤーは1ヶ月ではほぼ不可)なので、若年層のプレイヤーには冷たい仕様なのは明白です。 地盤が固まれば1ヶ月無課金でも行けるかもしれませんがそんな簡単でもないですし。 限度額を払えるならストーリーのクリアは問題なくてもイベントの期間設定では全く時間が足りないですからね。 参加する気にならないっていうほうが先です。 イベントに限らずいくら必要だと?!なので。 それが嫌なら数倍の時間をかけてしまうかっていうのも方法でしょうけど。 この配信元のシリーズの他のやつよりはマシだと思いますが、キャラのシナリオ公開が進むに連れてロクな事にならない予感しかしません。 金をそんなに取りたいならもうちょっとお金を払いやすい方向に展開すれば良いものを…って思…

続きを読む

アリスと恋の魔法をやってみた6…フィーバー

エクス隊員の方に成果は無いので、こちらの方で。 バトル自体が、体力の回復依存なので何回も即時にこなそうとすれば課金必須なんですよ。 際限のないところはいくらやってもキリがないので。 ゲームを始めた時期が悪かったというのは、もう一つ「フィーバー」の意味が分からないままだったことですね; イケメンシリーズのフィーバーは、イベントの時のバトルで得られる通貨とミッションに必要なポイントが2倍になるオトクなものです。 イベント用のポイントを差し置いても得られる通貨が2倍というのを逃していたのはかなりのタイムロスでした。 ゲーム内の通貨でもそれなりに見栄えのいいアイテムは手に入れられるので、シナリオを進めるのをやめてでも通貨集めを頑張っておけば通常のバトルでは何とかなります。 というのに本当に締め切りの直前でやってみて分かったものですから。 当然イベントに参加しているのは猛者ぞろいなので、勝つのも大変なんですが。 見るからに限定品だろう、なアバターアイテムの人は避けてます。 負けるのが分かる上に、通貨もポイントもガタ落ちしてしまうので。 今度のイベントでは逃さないようにしたいものです。 通貨のアイテムは割に合わないレベルで高価なので1勝が勝負です。 フィーバー時の1戦に泣くか笑うかのシビアさがあります。

続きを読む

アリスと恋の魔法やってみた5

DAME×PRINCEには、ソーシャル機能が無かったので心置きなく進めることが出来ました。 けれども、ソーシャルゲームですから、他の人と何かしらのやり取りがある方が普通なんですよね…。 このゲームの場合は、イベントの時にバトルの成果にボーナスを上乗せできるっていうものです。 自分が行動している時間帯の人と一緒になるので、何かしらアクションしてくれる人はだいたい同じになるんだと思います。 微課金者がゲームを進めるのはクリアタイムの1ヶ月どころではないのですが、課金だけではない部分もあるので工夫の仕方とくじ運ですね。 運で来られるとどうしようもないですけども。 種類を問わなければガチャにお金が掛からないゲームです。 ☆3の出現率の数字は60~70%ですが、単純な100分率ならどのカードも1%以下です。 種類が多いとそんなものだと思います。 最初に☆の数で判定して、更にその中のアイテム候補で判定して…。 気が遠くなりますね。

続きを読む

普段動画の再生に利用しています。 軽快に動作してくれるため大容量動画の再生にも重宝してます。
GomPlayerと同じGOM&Companyの動画キャプチャーソフトです。 リアルタイム編集、最新ゲームの録画に対応しています。 統合的な編集も行え、デスクワークにもピッタリです。
このブログのゲームの様子はこのソフトでスクリーンショット・録画しています。 ノートパソコンでも音ズレせず、しっかり録画してくれます。